今日美容室に行って、伸ばしてた髪を5センチ、切ってきた。

生きてきた中で多分1番長く伸ばした髪で、傷んでいるのが分かっていたものの、着るのが億劫で。

その旨を美容師さんに伝えた。

この傷み具合ににストレートをかけるとやっぱり毛先は切らなきゃですよね?  そうだねー、最低でも一番傷んでる毛先5センチは切りたいなぁ。  じゃあ、5センチで、お願いします。

切った後、あーやっぱり短くなったなって思った。

「5センチってさ、自分では分かるけど、多分周りは気づかないんたよね。経験上ね。」

いやいやいや、そう?私はわりと人の髪には敏感で、前髪を手入れ程度に切ったとしてもその日その人と目を合わせた時点でほぼ気づく自信がある。というか、毎回気づいている。

友人だけのでなく、先生の髪も。教室で1番に気づく。

、、私より先に気づいて言わない子がいるのかもしれないけれど。

「本来あんまり見てないからね。7センチとか切っても気づかない人は気づかないよ。」

 

私はミリ単位でも気づくよ

 

 

 

ここからが思想。

人の心に機微になれない私は高校の時によく、何故人の気持ちがわからないだと怒られることが多々あった。

でも、そのわりに人の目を気にしすぎている。とも再三言われた。

人の顔色を伺いすぎていて気持ち悪いとも、言われたことがある。

嘘でしょ。と、思われるだろう。大概の人からは。

あいつは考えるよりも先に口からものが出る。

そもそも、考えていないのではないか。特に人の考えや心なんて、憶測したことはないのではないか。

間違っていない。私もそれで何度後悔したか、計り知れないが、自覚している。

 

 

 

 

なんで私は、「そこじゃない」ところばかり見るんだろう。何故、「そこじゃない」ところばかり気になってしまうんだろう。

「気にすべきところ」はいつも「そこじゃない」ものの視界と思考に差し替えてしまうんだろう。

 

勿論、そこに善し悪しがあるのは分かっている。人と違う視点や発想、思考は時に煌めくものを生み、その特異性は時に人を魅了させることもある。

 

私はこの20年間、何も生み出さず、生産性がないならまだしも、何か益を成しただろうか。

何か一つでも。

 

いいえ。

 

対比と劣化

昔のことを思い出してみると、わりと踠いていたんだなと思った。昔の日記に書いてあった、あんな人間になりたくないという人間に今まさしく成ってしまっている。あの頃も私は私が最悪だと本気で思い、自分の人生に悲観していた。悲観ではないな、ちゃんとしなきゃって思ってた。

追っかけられるものと薬漬けの日々は今以降の私に何を齎すだろう。自分で自分を日々脅迫するのは癖なのか性なのか、分からないけれど

「作品」をことごとく否定されてきた私に残るものは一般に馴染むことで

描いた絵は下手だと、文章も下手だと、「何も」できないと、「何も」していないと

人は、私は、保守的だから、私は自分を保つために私を守るから、人のせいにして

「本当だったら違った」と思い込んで鎮静剤代わりに妄想して

 

今に比べたらあの頃は本当にマシだったよ

踠いてたから。

最近本当に思う。踠いてる人は本当に愛おしい

試行錯誤して迷ってる人が本当に愛おしい、言葉にも形にもなってない物をどうにかして作ろうとしてる人が本当に愛おしい、理想に近づくための過程が本当に素敵で素敵で素敵で。

あの時の私は今の私から見ると美しいくらいで、全うしてて、わりと芯があって

 

 

 

 

日記帳

とある人が書いてたので私も書こうかなという安易な気持ちで机にあった使っていない、普通のよりはひと回りかふた周り小さい便箋ノートを取り出した。

書きたい日だけ書けばいいと思ってる。書く内容だってたわいも無いことでいいやと思っている。

ただ、今日のとある事において書くとなると、誰からも見られないとはいえ気が引けた。自分が目をそらしたことを1文字1文字綴って向き合うのは、私は割と気が重かった。特に今日のことは。鬱憤から目を背けてなかったことレベルに、時間をおいて気を紛らわせてぼやかすのは実はとても楽ちんで、心の中できちんとした処理をせず埋没するのは私の中で日常茶飯事らしい。ゆえに書き留める気になれなかった。真意に向き合うのはなんとも頭が痛くなる。気が向かない。

日記帳がマイナスな事をただ羅列する場所となるのはいい事なのか、向き合うにはいい機会なのか、それさえもストレスになるのか?まだ書いていないからかもしれない。書いたら案外良かったとなるかもしれない。分からないからまだ書いてないけど。

犬が隣に寝てる昼下がり

行方を失くした私の声、思い

ずっと遠ざけてきたこと、今も遠ざけてること

近いのは怖い 琴線に触れた時の対処法を私は知らない

何故ならば

私はそれを避けてきたから

だから強い言葉も出ずに、出さずに

人より大きい悶々

無駄 悶々 無駄 悶絶 嗚咽 希死念慮

狭いところに敷き詰められた可哀想なそれらは、ごめんなさいと泣きながら無作為に積み立てられてく。不本意

崩れてる、いつも。

いつもどこか壊れていつも穴が空いていて

 

だから癖

幼き頃からの名残り

強く何かを訴えたら変わっただろうか

何かを君に、誰かに、与えられたただろうか

私に、施してあげられただろうか

私に、強さを、あげなかったのは私だ

深くなるものを浅くに止めたのも

繋がるものを切ったのも

 

強く、なれたらいいと

切に、常に 願って

僕は君の心の中に入れない

入る勇気が

全部

多分あの鬼は泣く

私の本当の話を聞いたら本当に無関心が来るかもしれない

横暴を振るいながらも

節々に垣間見る光の玉が私には見える

眩しくて嫌だ 凄く怖い

ずっと蔑んでてもらった方が気が楽

「診断」の時、先生は君みたいなクズな女の子は沢山いるって言った

5秒くらいの安堵とその時から今までも続く怖さが、崖から突き落とす動力になるのはいつなのだろうか

自覚を持って3年 あれが亡くなって12、3年

虚像にすがって いないことをいいことに都合よく仕立てあげて きっと望んでないし絶対そうでないのに 思想の中は自由だから勝手に、申し訳ない

どんどんあなたの作りたかった本来から離れてるんだろう 分からないけど。知れなかったから勝手に この謝罪だってなんの形も成さないけど

 

バカっていう言葉にどれだけの嘘と感情の凶暴と涙の期待が入っていたんだろうね入っているんだろうねそしてそれぞれの割合はどのくらいなんだろうね

気まぐれに出てきた言葉に関連性なんて求められても困る

私をもっと自由捉えろ

泣いてる意味も笑ってる意味も言葉の意味も笑顔の意味も、出るものに定義を与えるなんて怒涛の面倒くささだろう

これだから毎日酒が飲みたい

思考が回らないのに泣くのは誰も咎めない

アルコールは慰める

そんなわけないと思うよな私も願望でだから、現実ではない

 

恥ずかしながら、感情が形を成したものが止まらなくて糧とか馬鹿らしくて希死念慮が付きまとう病気で、でもどの「医者」も追い討ちをかけてくる セカンドオピニオンサード?フォース?フィフス??

 

醜女が女を売るなんて聞いたら笑うよね、でも買われてお金に変えようか 

お前の願い叶えてやるよ

 

 

 

 

自分を安売りしたくないっていう非売品「感」

売らなきゃ買い手がつかないなんて当たり前

売っても買い手がつかない恐怖を安堵という名の賄賂で得てるのよ

共通認識の水面下にある勝手な価値なんか、付加しないで・されないで、オンリーワンになれたらいいけど

私の代わりはいるからこそ、現在値知って戦ってかないと

戦闘力ゼロ  持ってるはずの武器は意外とみんなの標準装備だから。

 

唯一無二の自覚は簡単。余計でしかない差異の陳列は人生劇場の落し穴、ハマりたくない。

先の見えないコレクションは脱線して終着地を見失いながらも止める恐怖に上がらえず(終着地を探し続け、脱線しても新しい線路を夢見る)、操作不能のブレーキをパントマイムで押し倒「せない。」。

 

遅かれ早かれドッペルゲンガーに気付くから

 

価値の創造に遅い早いなんてないけど、全てに手遅れは付いて回る

分かってね、ボク