小刻みに足をトントンと踏む

そうすると木のデッキがカコンカコンと音を立てて

私はそれが好き

リクライニングの椅子に腰掛けて、30度くらいの角度で仰向けになり月と星と雲を見る

風はもう春だから軽く羽織ってるパーカーが楽ちんで、吹かれた髪がそよそよとなびく

 

思わず口から出てしまうほどで、

 

人は生活に満足すると、人生が充実すると、言葉のゴミ箱が必要なくなる

私はずっと片足をつっこんでる

いや、片足が埋もれてる

引っこ抜けない

うんとこしょ、どっこしいょ、まだまだカブは抜けません

おじいさんはおばあさんを呼んできました

うんとこしょ、どっこしいょ、

 

暗記が才とよばれ、振りをつけて、

跳ねる、跳ねる、

拍手、

今はもうない景色

前出来たことが、今出来ても、褒められることはない

そうですよね

普通でいることはこんなにも大変なのに

普通でいることはこんなにも普通だから褒められない